給与連動の就業管理・勤怠管理システムBIZWORK+。三六協定チェック機能も。

iPadを使った事例動画
資料ダウンロード
お問い合わせ
  1. HOME >
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

変形労働に対応していますか?

就業管理・勤怠管理システム BIZWORK+では、標準機能で、日ごと・週ごと・月ごとの変形労働に対応しています。
一日当り、一週間当り、ひと月当りの最大労働時間を設定し、設定時間を超えた時間のみを残業時間として集計します。
ひと月当りの設定は、28日・29日・30日・31日のそれぞれの月に対して設定ができます。
詳細はこちらをご確認ください。→ 時間外精算方法設定(変形労働設定)

利用者数によって料金は変わりますか

就業管理・勤怠管理システム BIZWORK+では、利用人数が2,000人まででしたら人数によって価格が変わることはありません。従業員数が10人でも2,000人でも同じです。

利用拠点数によって料金は変わりますか?

就業管理・勤怠管理システム BIZWORK+では、利用拠点数に制限はありません。1拠点でも100拠点でも同じです。

使用するパソコンの台数によって料金は変わりますか?

就業管理・勤怠管理システム BIZWORK+では、利用するパソコンに制限はありません。10台でも1,000台でも同じです。

機能を追加することはできますか?

就業管理・勤怠管理システム BIZWORK+では、自社パッケージですので、お客様のご要望に合わせて、機能の追加・修正が可能です。

現在使用しているタイムレコーダーは使えますか?

メーカー・機種により、可能なものと不可能なものがございます。ご相談ください。
原則としては、データを出力する機能が備わっていれば、可能です。

自社でサーバの管理ができませんが、導入は可能ですか?

レンタルサーバを利用した方式であれば、弊社でサーバ管理を行いますので、安心してご利用いただけます。

有給休暇の管理はできますか?

自動で付与することができます。付与タイミング(入社月・一括付与)、付与日数はマスタで設定可能です。

飲食・小売チェーンのため導入拠点数が多いので、トータルの導入コストを抑えたいと考えています。

各拠点にネットワーク環境とパソコンが一台あれば、ハードウエアの追加購入は不要です。

導入場所にネットワーク環境がないのですが、導入は可能ですか?

就業管理・勤怠管理システム BIZWORK+では、iPad(LTE、Cellularモデル)をタイムレコーダーとしてご利用いただけます。
※携帯電話がご利用頂ける場所であれば、問題なくご利用頂けます。

なりすましを防止したいのですが、どんな方法がありますか?

打刻時のパスワード認証による防止が可能です。
より強固な防止策を講じる場合は、指静脈認証オプションやICカード認証オプションの導入をお勧めします。

スタンダードとベーシックでは何が違いますか?

ベーシックには、タイムレコーダー専用画面機能が含まれておりません。
それ以外は全て同じ機能です。
一人に一台パソコンがあるような職場では、ベーシックで各自が打刻する運用が可能です。

利用者により権限を設定することはできますか?

利用するユーザごとに利用できるメニューの制限が可能です。

ソフトウェアをインストールする必要がありますか?

ウェブシステムのため、サーバへの導入のみとなります。各パソコンからはウェブブラウザ(インターネットエクスプローラー)のみでご利用が可能です。 ただし、一部労務管理部署の方には、専用のソフトウェアのインストールが必要です。
ICカード認証オプションをご利用の場合は、ICカード打刻のインストールが必要です。

打刻時刻の丸めはできますか?

出勤時間、退勤時間、勤務時間数で、5分、10分、15分、30分、の丸めが可能です。
また、「標準時間に丸める」も選択できます

給与システムと連携できますか?

就業管理・勤怠管理システム BIZWORK+では、各種給与システムへのデータ出力が可能です。
※カスタマイズが必要になる場合があります。詳細はお問い合わせください。

その他のご質問についても、お気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ